東京都中野区 内科 婦人科 アレルギー科 心療内科 漢方治療

東京都中野区 内科 婦人科 アレルギー科 心療内科 漢方治療をしている病院です

東京都中野区 内科 婦人科 アレルギー科 心療内科 漢方治療をしている病院です
東京都中野区 内科 婦人科 アレルギー科 心療内科 漢方治療をしている病院です
ゲン通信  
No.6『快便』について
厚生省の発表によると、この数年日本人には大腸がんが急増している様です。 吸収されない内容物が、腸管内に長く停滞することにより生じるウェルシュ菌・ぶどう球菌、 メタンガス等を早めに排泄できるように、繊維成分を多く含んだ食品を摂取する事と、適度 の運動が大腸がんの予防になります。また、この所食品添加物や遺伝子組換え食品、食肉や 肥料へのホルモン剤やダイオキシンの混入などの話題が、連日新聞を賑せていますが、食物 の選択に気を付ける事と、なるべく便秘をしない事がせいぜい我々に出来る自衛法ではない かと思われます
前置きは長くなりましたが、今回はQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の中で、快食・ 快眠に続き、快便について話させていただきます。すっきりとした快便こそは身の心も軽い 状態であり、QOLの高い状態といえます。西洋医学では2・3日排便がなくとも膨満感が なければ口喧しくいいませんが、東洋医学では排便がある事は気を巡らせる事であり、他の 症状を改善させるためにも必須と考えます。
それでは具体的に処方を挙げてみますと、抑鬱傾向と腹部膨満感が強い場合には『大承気湯』 、体質が虚弱で不眠傾向があり、肩こり・めまい・冷え・のぼせ等が強い時には『加味逍遥 散』、顔が赤くのぼせ、心窩部に膨満感がある場合は『三黄瀉心湯』月経異常や月経痛があ り、月経前後にイライラする傾向のある人には『桃核承気湯』、高齢者や虚弱な人で、便が 硬く燥いている場合は『潤腸湯』もしくは『麻子仁丸』という様に、症状に応じていろいろ な緩下剤があります。


 
〒164-0001
東京都中野区中野5-65-5 豊島興業ビル3F
03-5343-3378
Copyright 2002 Gen ClinicAll Rights Reserved.